自転車による車道通行義務とその例外

自転車と歩行者による人身傷害が増加したことから、近年では自転車も原則として車道を走るように法令化されました。
これにより、現在では自転車で歩道を走ると交通違反になるのですが、例外も定められているため、全てにおいて適用される訳ではありません。
先ず、道路標識などで定められている場合をはじめ、運転者が6才に満たない幼児、および6才以上かつ13才に満たない児童も例外とされており、それらの場合は自転車で歩道を走っても良いことになっています。
また、自転車を運転する者が70才を超える高齢者も同様です。
そのほか身体的に一定の障害を持つ者や、交通や車道の状況により、やむを得ない際も歩道走行が認められています。
このやむを得ない状況とは、客観性が求められますので、運転者の主観に基づく理由は対象外です。
例えば車道を通行したくても駐車違反の車があり、右方通行も困難な場合や、車道に自転車が通るだけの幅員がない時も、やむを得ない状況に該当できるとされています。

札幌の税理士がお客様のお悩みを解決します
長年の実績がございますので、税金に関することやそれ以外の事でもお気軽にお電話ください

会社を建てるときの心強い味方

国際取引に欠かせない
英文契約書を翻訳いたします

相続に関するトラブル解決の相談も受け付けています
意見の食い違いや分割時のトラブルを防止できるよう遺言書の作成のお手伝いをしています。

最新投稿