法律の勉強をするときのコツとは

司法試験を受けるのであれば、合格するために自分自身にはどのような勉強方法がもっとも合っているのかということを試行錯誤しながら見つけていくことが大切だと思います。
私の場合、とにかく焦らずにあきらめることなく頑張って勉強を続けていきました。
予備校はまったく利用していませんが、粘り強く勉強を続けていくことで合格することができたのです。
短答式はとても得意でした。
そのコツは正解を探すということをするのではなくて、間違いの回答を探すことなのではないでしょうか。
一番本当のように思える回答が正解でしょう。
勉強を頑張ることも大切ですがそれと同時に、自分自身は絶対に合格をすることが出来るとポジティブに信じていく能力も絶対に必要です。
そうでなければ、モチベーションを維持しながら勉強を続けていくということが非常に難しくなってきます。
法律の勉強を始めても、周りの雑音によってモチベーションが下がらないようにするためにも、合格することを信じましょう。