法律の勉強を一生懸命にしているなら

法律の勉強を一生懸命にしていても、わからない部分がでてきて焦ることもあるのではないでしょうか。
しかしながら、そんなときにはとにかく諦めないということが大切です。
司法試験に合格している人たちのほとんどは、非常に粘り強いということが言えます。
わからないところをそのままわからないままにしないということ、そしてさらにわからないところをどうにかしてでもわかろうとするという気持ちが何よりも大切です。
あきらめなかった結果、分からなかった部分が理解することができるようになるのではないでしょうか。
勉強をしていれば、スランプというものがくるということもあるでしょう。
そんなことがあっても、諦めずにいつまでも頑張って勉強をし続けるということがもっとも大切です。
ずっとスランプが続いてしまうということは絶対にありません。
よって、今はスランプに陥っている時期なんだということにして、焦らずにひたすら淡々と勉強をしていけば大丈夫でしょう。